ブログ・新着情報

2017/11/12ODMLユーザーミーティング2017東京 レポート

ODMLユーザーミーティング2017東京を無事に開催することができました。

以下簡単ですが当日のレポートを書いてみます。

  • 日時:2017年11月12日 日曜日 14時〜15時45分
  • 会場:東京ビッグサイト会議棟 7F会議室702号室
  • 参加:28名(21社)

東京デンタルショー2017二日目でご多忙ななか、たくさんの業界人にご参加いただきました

東京デンタルショー2017二日目でご多忙ななか、たくさんの業界人にご参加いただきました

ODMLユーザーミーティング2017東京海上風景

ODMLユーザーミーティング2017東京会場風景

内容ダイジェスト:

1)ODMLの現在

  • ここまできたODML
  • アンケート解析報告

PR01.002

現状、未来、ディスカッションの3つのチャプター構成で進めました

PR01.004

ODMLは2017年現在、文書検索の枠を越えて歯科ディーラーのお仕事を側面支援するたくさんの機能を備えています

 

歯科ディーラーの仕事は突き詰めて言えば産業界のメーカー卸と医療人とを適切に繋ぐ「通訳」のような存在だと考えます。その意味においてODMLは優れた通訳のためのオンライン辞書という位置づけを自負しています。

歯科ディーラーの仕事は突き詰めて言えば産業界のメーカー卸と医療人とを適切に繋ぐ「通訳」のような存在だと考えます。その意味においてODMLは優れた通訳のためのオンライン辞書という位置づけを自負しています。

それでは今回のユーザーアンケートの結果を解析報告したいと思います。7年ぶりのアンケートですが119通という多くの回答をいただくことができました。

それでは今回のユーザーアンケートの結果を解析報告したいと思います。7年ぶりのアンケートですが119通という多くの回答をいただくことができました。

1)ODMLを使う目的については不明商品を調べるというお答えが最大となりました。7年前(グレー)に較べると企画した調べが減っていますが、これはルートセールスなど最前線でODMLを利用する方の比率が上がったからではないかと想像しています。

まずODMLを使う目的については不明商品を調べるというお答えが最大となりました。7年前(グレー)に較べると企画した調べが減っていますが、これはルートセールスなど最前線でODMLを利用する方の比率が上がったからではないかと想像しています。

続いてODMLを利用するデバイスについてですが、7年前(グレー)に較べるとパソコンの比率を大きく超えてiPadが増えたことが特徴的です。複数回答ですので実際にはPCとタブレットの双方を使いこなす方が増えたという結果となりました。これも現場で利用するユーザーの増加を反映していると思います。

続いてODMLを利用するデバイスについてですが、7年前(グレー)に較べるとパソコンの比率を大きく超えてiPadが増えたことが特徴的です。複数回答ですので実際にはPCとタブレットの双方を使いこなす方が増えたという結果となりました。これも現場で利用するユーザーの増加を反映していると思います。

アクセス頻度は1日3回以上使うヘビーユーザーと必要な時だけというライトユーザーに二分化してきた感があります。

アクセス頻度は1日3回以上使うヘビーユーザーと必要な時だけというライトユーザーに二分化してきた感があります。

ODMLを使う場所・時間はやはり朝の出社後営業出発前という準備の時間が多いようですね。

ODMLを使う場所・時間はやはり朝の出社後営業出発前という準備の時間が多いようですね。

「お気に入り」の利用についてお尋ねしたところ、半数が利用していないという結果が出ました。ODMLスタート当初から使える機能ですが、1/4のユーザーがその機能の存在を知らないという結果には告知について大いに反省が必要と感じました

「お気に入り」の利用についてお尋ねしたところ、半数が利用していないという結果が出ました。ODMLスタート当初から使える機能ですが、1/4のユーザーがその機能の存在を知らないという結果には告知について大いに反省が必要と感じました

同じくマイフォルダの利用状況についても伺ったところこちらも半数がその存在を知らないとのお答え。利用しているのは1/5程度とのこでした。説明すると必ず使っていただける機能だけに告知力の小ささに若干落ち込みました。

同じくマイフォルダの利用状況についても伺ったところこちらも半数がその存在を知らないとのお答え。利用しているのは1/5程度とのこでした。説明すると必ず使っていただける機能だけに告知力の小ささに若干落ち込みました。

マイフォルダを同一事業者や全社で共有できる機能を作って1年が過ぎましたがまだまだ知られていないようです。従来のトップページやメルマガだけに頼らない告知の方法を考えねばと痛感させられました。

マイフォルダを同一事業者や全社で共有できる機能を作って1年が過ぎましたがまだまだ知られていないようです。従来のトップページやメルマガだけに頼らない告知の方法を考えねばと痛感させられました。

トップページのヘッドラインニュースをチェックしてネタ帳的に利用できる「後で読む」ですがこちらも半数が知らない、使ったことがないというお答えでした。

トップページのヘッドラインニュースをチェックしてネタ帳的に利用できる「後で読む」ですがこちらも半数が知らない、使ったことがないというお答えでした。

1年前から利用できるようになっている商品マスター検索ですが、まだまだ知られていないとはいえ、重宝しているというユーザーが他の機能より多いことに勇気づけられました。

1年前から利用できるようになっている商品マスター検索ですが、まだまだ知られていないとはいえ、重宝しているというユーザーが他の機能より多いことに勇気づけられました。

ユーザーなら誰でもODMLに自由に文書を追加でき、社内で共有することのできるオリジナル文書アップ機能ですが認知度はまだまだのようです(5年以上前からある機能です)。

ユーザーなら誰でもODMLに自由に文書を追加でき、社内で共有することのできるオリジナル文書アップ機能ですが認知度はまだまだのようです(5年以上前からある機能です)。

検索した文書をどのように利用するか尋ねたところ、画面確認、印刷利用が最も多く、画像を加工して利用する方はまだ少数のようでした。

検索した文書をどのように利用するか尋ねたところ、画面確認、印刷利用が最も多く、画像を加工して利用する方はまだ少数のようでした。

取引先と営業がネットを使った連絡取引どれくらいできているか訊いてみましたが、多くの取引先とはまだネットで繋がっているとは言い難い状況なのがわかりました。詳細は第3章にて。

取引先と営業がネットを使った連絡取引どれくらいできているか訊いてみましたが、多くの取引先とはまだネットで繋がっているとは言い難い状況なのがわかりました。詳細は第3章にて。

ODMLを使って助かった事例をご報告いただきました。嬉しいお声がたくさん!

ODMLを使って助かった事例をご報告いただきました。嬉しいお声がたくさん!

ODMLを利用して助かった事例の2-2です。多いに勇気づけられます。

ODMLを利用して助かった事例の2-2です。多いに勇気づけられます。

続いてODMLへの改善要望、新機能リクエストなどについて伺いました。たくさんのお声をいくつかの章にまとめてみました。

続いてODMLへの改善要望、新機能リクエストなどについて伺いました。たくさんのお声をいくつかの章にまとめてみました。

ODMLへの要望事項3枚中2枚目です

ODMLへの要望事項3枚中2枚目です

改善要望の3枚目です。説明不足による誤解が元になっているものあり、ここでも告知力、サポートの重要性を実感させられました。

改善要望の3枚目です。説明不足による誤解が元になっているものあり、ここでも告知力、サポートの重要性を実感させられました。

2)ODMLの未来

  • アンケートに基づいた改正案
  • 今後の開発方向とスケジュール

メーカー絞込みの際に選択リストが長すぎて使いづらいとのお声をいただきました。改善策としてよく使うメーカーをユーザーそれぞれが個人設定できるようにし、かつ対象文書のないメーカーはグレーアウト表示にあらためることにしました。

メーカー絞込みの際に選択リストが長すぎて使いづらいとのお声をいただきました。改善策としてよく使うメーカーをユーザーそれぞれが個人設定できるようにし、かつ対象文書のないメーカーはグレーアウト表示にあらためることにしました。

前回の改正以降PDFを閲覧するまでのクリック数が増えたとのお声がございました。そこで詳細ページとPDF閲覧を直接選択できるようにします。また個人設定ページにて文書検索結果を現在の「パンフレットのみ」から従来の「すべての文書を表示」のどちらかを初期設定できるように改善します。

前回の改正以降PDFを閲覧するまでのクリック数が増えたとのお声がございました。そこで詳細ページとPDF閲覧を直接選択できるようにします。また個人設定ページにて文書検索結果を現在の「パンフレットのみ」から従来の「すべての文書を表示」のどちらかを初期設定できるように改善します。

検索結果一覧の表示を統一することにしました。トップページのヘッドラインニュースや商品マスター検索結果もサムネイルが横に3つずつ並んだスタイル(現在の文書検索結果)に統一します。より多くのデータを1画面で効率よく閲覧選択できるようにします。

検索結果一覧の表示を統一することにしました。トップページのヘッドラインニュースや商品マスター検索結果もサムネイルが横に3つずつ並んだスタイル(現在の文書検索結果)に統一します。より多くのデータを1画面で効率よく閲覧選択できるようにします。

最新の情報を効率よく知りたいというお声に対し、一般的なWEBサイトでよく見かけるWhat'sNewの表示を実装することにします。

最新の情報を効率よく知りたいというお声に対し、一般的なWEBサイトでよく見かけるWhat’sNewの表示を実装することにします。

実際の営業には歯科製品以外で歯科に関する話題も多く飛び交います。そこで別途ブログを立ち上げ、ネット上で話題になった歯科に関する記事をODMLに表示するようにいたします。

実際の営業には歯科製品以外で歯科に関する話題も多く飛び交います。そこで別途ブログを立ち上げ、ネット上で話題になった歯科に関する記事をODMLに表示するようにいたします。

ここからは少し大きな改正案となりますので皆さまのご意見を伺いました。ODMLの商品マスター136,000品目の中から12,500品目をピックアップし、これを利用したオリジナル総合カタログを画面上で制作できるようにいたします。会場からはさまざまなご期待のお声を頂戴しました。準備に1年ほど掛かりますが鋭意実現していきたいと考えております。

ここからは少し大きな改正案となりますので皆さまのご意見を伺いました。ODMLの商品マスター136,000品目の中から12,500品目をピックアップし、これを利用したオリジナル総合カタログを画面上で制作できるようにいたします。会場からはさまざまなご期待のお声を頂戴しました。準備に1年ほど掛かりますが鋭意実現していきたいと考えております。

最後にこれはご提案。ODMLの様々なデジタル資産をディーラーのホームページに活用してもらえないだろうかとのアイディアです。実際の運営には協力してくれる会社などを見つけていかねばなりませんが、魅力あるご提案として受け入れていただければ幸いです。

最後にこれはご提案。ODMLの様々なデジタル資産をディーラーのホームページに活用してもらえないだろうかとのアイディアです。実際の運営には協力してくれる会社などを見つけていかねばなりませんが、魅力あるご提案として受け入れていただければ幸いです。

3)ディスカッション〜宣伝媒体のデジタル化について考える

  • 問題提起に続いてご来場の皆さまと貴重な意見交換をさせていただきました

PR03.001

今回のテーマは従来アナログ媒体である紙を主として展開されてきた業界における宣伝活動が今後デジタル化していくのかどうか、だとすればどのような変化が起き、ディーラーはどのような準備が必要なのだろうか、という観点でディスカッションいたしました。

PR03.002

まず議論の前提として今後しばらく続くであろう歯科ディーラー、歯科医院受付双方における人手不足問題に着目しました。かつ急速にその裾野を広げつつあるインターネットとデフレに支えられた印刷経費もそろそろ底をつくのではといった観点を指摘し、その上で近い将来現状のルートセールス形態は変化を余儀なくされるのでは、またWEBを活用したマーケティングはますます拡がりを見せていくだろうという2点を確認いたしました。

PR03.003

現状を図で表すとメインはあくまでも紙媒体であり、それは主にディーラーによって運搬利用されていること、今後拡大が予想されるWEBマーケティングはメーカー、ディーラー、あるいはユーザー同士のブログやSNS等が活躍の場となりそこにはディーラーの関与度合いが現在より薄く小さくなるのではと予想しました。

PR03.004

今回のユーザーアンケートにて歯科ディーラー営業と歯科医院受付とのデジタル的なパイプの現状について伺いましたが、その答えはまだまだ細く小さなものであることがわかりました。たとえばインターネットに自由に接続できるタブレット端末を備えた歯科医院は全取引先に2割以下といった答えが大勢を占めています。

つまり今後WEBマーケティングが拡大していくとした場合、現状のままだと歯科ディーラーはその活躍の場を十分に確保できない可能性もでてきます。

PR03.006

そこでディスカッションです。まずルートセールスの頻度が現状の週2回程度からもっと減ることになった場合、メーカーはそれを許容できるか、という問いです。ご参加いただいたメーカーさんの声としてディーラーに揉める優先順位としては情報拡散のスピードよりしっかりとキーパーソンと話をしていただく時間や濃さだという意見がございました。訪問頻度が減れば逆に1回あたりの訪問滞在時間や商談の濃さは上がる可能性もあると指摘もいたしました。 続いてメーカーさんがWEBマーケティングを行う場合、どこまでディーラーの存在を意識しているかと尋ねました。WEBから返ってきた結果をディーラーと共有して実際の商売に繋げているなどの答えがありました。

PR03.007

ディーラー自らWEBやSNSを利用して日常的なビジネスを行うことは現実的か、それはどのような手法になるのか、あるいは本当に変化は起きるのかといった問いかけを行いました。ディーラー参加者からは取引先は「忙しい中よく来てくれた」といったマインド的要素を重要視しているので大きな変化が起きるか疑問といった声や、取引先も千差万別であり年齢や年代と関係なくネットでの付き合いを許容する人もいれば対面しか受け入れない人もおり、一概には答えられないといった声を聞くことができました。

PR03.008

最後の問は「我々がいまから準備しておくべきことは何か」だったのですがここで時間切れとなってしまいました。実際には皆さんそれぞれに近未来に対する施策を立てそのための準備を練っておられることと思います。今後個別にお話をお聞かせいただき、アワデント、ODMLとしてお手伝いできることがないか探っていければと考えております。

PR03.009

最後にPFドラッカー氏の「変化はコントロールできない、できないことは先頭に立つことだけだ」という言葉を紹介して今回のディスカッションを締めくくりました。

4)アンケート回答者対象抽選会

今回の景品の数々!

今回の景品の数々!

今回のアンケートには119名のご回答をいただきました。今回はその中で記名いただいていた方115名を対象に14個の景品を抽選にて進呈しました。抽選担当は株式会社ナルコームの猪俣吾郎社長にお願いしました。景品の詳細はこちらにも書いております。

 

◆抽選結果◆

1位 卓上Bluetoothモバイルスピーカー:1名1位:卓上Bluetoothモバイルスピーカー:1名
  1. 株式会社佐波 富山支店 T様
2位 Bluetooth車内FMトランスミッター:2名2位:車内FMトランスミッター × 2名
  1. 北海道歯科産業(株)札幌本店 H様
  2. 株式会社岩瀬歯科商会 商品センター N様
 3回  5000mAH大容量USBモバイルバッテリー:3名3位:5000mAH大容量USBモバイルバッテリー × 3名
  1. 株式会社ヨシダタロウ W様
  2. 北海道歯科産業(株)カスタマーサポート室 Y様
  3. 北海道歯科産業(株)札幌本店 S様
 4位  車内or卓上スマホスタンド:5名4位:車内or卓上スマホスタンド x 5名
  1.  株式会社佐波 金沢本店 S様
  2. 北海道歯科産業(株)北見営業所 M様
  3. 北海道歯科産業(株)北見営業所 K様
  4. 株式会社ADI.G 金沢支店 M様
  5. 尾崎歯材株式会社 第2営業部 K様
 ナルコーム特別賞
Amazonギフト券3,000円:3名screen 2017-11-07 15.17.34
  1.  株式会社石田歯科商会 札幌本店 S様
  2. 有限会社大河歯科材料店 姫路店 D様
  3. 株式会社ADI.G 千葉支店 I様

上記はそれぞれのお店に発送いたします。ODML同様末永くご愛用ください!

以上、100分間のミーティングをブログ上に再現レポートしてみました。次回開催は未定ですが各地で、また各社で同様のミーティングを続けていければと考えております。変貌していく世界のなかで特にマージナル(境界線上)な業態を得意とする歯科ディーラーだからこそできるビジネスや貢献を今後も追求していきたいと考えております。

ご意見ご感想をお待ちしております→taka@ourdent.com

The following two tabs change content below.
Takaaki Awazu
有限会社アワデント代表です。1965年2月福岡県生まれ。熊本県八代市の高校卒業後、京都市の立命館大学経済学部(ほとんど軽音学部でした)を卒業後、京都・大阪にて歯科器材メーカー卸に3年ほど勤務、1990年11月より八代市に帰って歯科器材ディーラー業務・経営に携わり、2001年12月にアワデントを起業しました。主な仕事はODMLの企画運営と各種歯科学術研修会の支援などです。
Takaaki Awazu

最新記事 by Takaaki Awazu (全て見る)