ブログ・新着情報

2016/07/11〜07/17の業務日誌

2016年7月11日月曜日、八代から戻って講演会目次を考えたり

Chromebook+外部ディスプレイ

Chromebook+外部ディスプレイ

朝6時に目が覚めるとそこは実家の寝室でした。そうか昨夜も飲んだくれてたんだっけ。テレビをつけると参議院選挙の結果を「改憲勢力3分の2超」と報じている。隣に寝ている妻を起こして朝食を食べ、熊本の自宅まで県道を運転して帰ることに。まだいくつかの橋は通行止めみたいで思った以上の迂回を強いられ2時間近くをかけて帰宅。柴男社長を散歩させたりいくつか仕事を片付けたりしてたら永六輔が亡くなったとのニュース。小学生の頃からラジオばっかり聴いていたし東京にいる頃もたまに聴いてました。夕方、AmazonからミニHDMI-VGA変換ケーブルが届いたのでさっそくASUSクロームブックを外部ディスプレイに繋いでみたところMacよりも発色が良い感じ。これで出張先のプレゼンもできそう。というわけで夕方は9月に予定の福岡市歯科医師会でのIT講演の内容を考えて目次を完成させました。22時を過ぎたらもう眠くてたまりませんわ、と就寝、もちろん今日は飲みません。


IMG_1498

焼き鳥ますだ

2016年7月12日火曜日、理事会後焼き鳥屋で一杯
朝3時には目を覚ましてしまって本を読んだりネット見たりして2時間ほど悶々。次に起きたら7時でした。外はまるでスコールのような豪雨です。いつまで降るんでしょうか、この雨。そういえば余震はだいぶ収まってきたようですけど時折ぶるっと揺れたりします。チキソトロピーという単語をつい思い出してしまいます。お昼ご飯をたべてたらAmazonからKindle PaperWhite新型のタイムセール案内が。いま使ってるKindleは2012年くらいのものだし年間数十冊は読んでるからそろそろ新調しても良いのかなあなんて逡巡しているうちに売り切れてしまいました。まあたいして機能も変わってないみたいだからこれで良かったのかも。

夕方は8月に大阪の某社から頼まれている社内勉強会の内容を考えること2時間ほど。夜はスタディグループの理事会に出かけ議事録を書いた後は週末の合同例会に向けての最終予演会。その後若手会員2名と焼き鳥ますだに繰り出し日付変わるころまで痛飲してしまいました。


銀座の八丈島料理店で慰労会

銀座の八丈島料理店で慰労会

2016年7月13日水曜日、コペンを車検に出したあと、銀座で八丈島料理
今朝も早起きしてしまいKindleで「日本会議の正体」を読み始める。寝室で読むにはこのデバイスが最高ですね。部屋の電気もスタンドもつけなくて良いしそのまま寝落ちしても勝手

に消えるし目が疲れない。そして今日も大雨で始まる一日なのでした。朝ご飯食べながらNHKみてたらあさイチにくまモンでてきて笑ったです。その後昨夜歯科医院に置きっ放しだったクルマを妻と取りに行き、そのままダイハツへ。2年に一度の車検という自動車業界と政府や自治体の財政再建に寄与するイベントであります。毎年SJCD合同例会の時期に車検に出してて、今回で6回目。13年も乗ってる軽自動車コペンを預けてそのまま熊本空港へ。フライトまで1時間以上余裕があるのでChromebookを空港の無料Wi-Fiに接続して快適に仕事しました。バッテリーが長持ちってのが良いです。阿蘇熊本空港からはANAで羽田空港へ。空港からは京急と日比谷線で最近の定宿南千住へと移動、いったん部屋に荷物を置いてしばらく仕事した後は銀座へと移動、はじめていく八丈島料理のお店で一昨年みんなでがんばった業界統一マスター整備小委員会の慰労会となったのでした。メンバーの一人が最近病気で亡くなられたとのこと、まずは黙祷から。二次会は松山の知人と二人でバルに籠もって終電逃す時間まで深く酩酊。銀座から南千住まで乗った個人タクシーはこれまでになく変わったドライバーで、ひたすら根拠のないレイシズムに基づいた「あそこに住んではいけない」「気軽に歩いたらエラい目に遭う」みたいなヘイトスピーチを親切に繰り返すのでした。きけば彼も東北から上京して彼が危険だと言った町に住んでいるのだそうだ。ふとEUの移民問題を思い出したのでした。


2016年7月14日木曜日、お買い物のあと御徒町の吉池食堂で延々と飲む

懐かしの湯島アジト前を通る

懐かしの湯島アジト前を通る

もちろん朝から二日酔いで。8時から入れる大浴場にて熱い湯を被ったらだいぶ目が覚めました。9時過ぎに北口にデニーズに入り遅い朝ご飯を。といっても野菜スープが精一杯。Chromebookを開いて無料Wi-Fiで仕事、商品マスター修正リストを作り始めました。そうだメガネを新調しよう、そう思いついた僕は秋葉原へと移動しZoffにはいってメガネをあれこれ。完成までの時間にヨドバシカメラに入り、懸案だった格安SIMについていろいろ調べていたら親切な店員さんがいて自社サービスとはまるで違うものについて熱心に教えてくれました。おかげでだいぶ頭が整理されました。まだ時間があるので2013年まで住んでいた湯島アジトのあたりまで足を伸ばすと向かいのカレー屋は違う名前のカレー屋に、角の焼鳥屋は知らない小料理屋に。僕が住んでた部屋にも誰か住んでるみたい。空を見上げるといきなり黒い雨雲が湧き上がり、スマホからは大雨が接近中との警報が鳴り響き、近くのローソンでまたも透明傘を買ってしまいました。毎週どこかのコンビニで傘買う私。秋葉原に戻ってメガネを受け取り、同じビルのユニクロで黒ズボンも買いついでにその上の店でTシャツを3枚ばかし。

夕方から御徒町駅前の吉池ビル最上階に位置する「吉池食堂」で飲み始めました。なんだこの聖地感は!と初めて来た僕はあまりの感激にメンバー揃う前に生ジョッキを空にし、今朝の二日酔いはどこへやら。友人二人も無事現れ高層階から大雨の御徒町を眺めては杯を交わし気がつけば21時近くに。またもすっかり酩酊し、でも今日は地下鉄で帰るのでした。


熊本組で高知料理

熊本組で高知料理

2016年7月15日金曜日、羽田から高知龍馬空港へ
目を覚ますと朝3時。エアコン入れてるにも関わらず暑くて汗だく。ラジオ聴いたり本を読んだりしてたらそのうちに朝風呂の時間となり今朝も熱湯で酒を流すのでした。チェックアウト後またも北口デニーズ、和朝食を食べた後は無料新聞読んだりChromeBookで仕事したり。8月のプレゼンも徐々に仕上げはじめ。そうこうするうちに店が混み始めきがつけばランチタイムではないですか。迷惑掛けてはいかんなとお店を出てまた秋葉原に出るのでした。といってやることも無いので気がつけば馴染みの店リンハウスにはいってランチを頼むのですがさっき朝ご飯食べたばかりでお腹いっぱいだったことに後で気づいてみたりで。まだちょっと早いけど浜松町に移動し、文京書店で格安SIMに関するMook買ったりしてモノレールで羽田空港。2時間ばかりぼーっと本読んだりしてたらフライト時間、ANAで高知龍馬空港へ。ちょっとだけ眠っていたらもう高知なのでした。ぎらつく空を見上げながら空港バスに乗ると夕方の大渋滞がはじまりはりまや橋まで予想外に時間がかかってしまいました。明日からの合同例会会場となるかるぽーとに着いた頃にはもう準備作業は終わってしまってました。ちらっと会場下見した後はホテル日航にチェックイン、荷物を置いてすぐに熊本からやってきてる先生の部屋に。どこか食べに行こうよというのであちこち電話するも予約がないと満杯みたいで、ふと去年来たときにお昼ご飯たべた居酒屋があったっけと酔鯨亭に電話したところ空いてますよと。夕暮れの街をしばらく歩いてお店へ。二人で鯨を食べてたら若手の会員3名も到着して5人でわいわい飲んだのでした。店長も店員もお客さんもみんな仲良しで料理もお酒も美味しく高知はほんとうに良い街です。


SJCDインターナショナル総会

SJCDインターナショナル総会

2016年7月16日土曜日、2年に一度の合同例会と懇親会
朝6時半から京都の先生とホテルの22Fで朝食と打合せ。昨夜の部屋が喫煙ルームだったのであまりよく眠ることができず、今晩は部屋を変えてもらうことになりました。でも朝飯たべたら元気に。配付資料の印刷を頼まれたのでホテルロビーのビジネスセンターを利用、なんとすべて無料でした。9時半にロビーに集合、歩いて総会会場となる得月楼へ。なんどか打合せをしていたのですんなりと始めることができました。しかしスタート直前「手元資料がない」と司会役の先生が。いままさに羽田空港から飛び立とうとする先生をつかまえることができて私のアドレスにメールを転送してもらって事なきを得ましたが、まさかこんな時にChromeBookがタブレット的に活躍するとは。私の仕事は議事録の作成なのでiPhoneで録音しながら議事進行をカメラなどにおさめておりました。その後は豪華なランチを取りながら学会化にむけたディスカッション。

さて12時にかるぽーとに入るとすでに合同例会の受付が始まっていたのでした。全国から400人以上がやってくる例会ですが、事前の準備のおかげなのかもう6回目で参加者も慣れているのか特にトラブルもなくスムーズに入場できたようです。少し離れた賛助会員展示ブースも準備万端という感じでひと安心。僕もスタッフの一人ということでインカムを装着してあちこち見て回って何か問題がありそうだったら報告したり、写真撮ったり。といってもほとんど問題なかったのですが。

DSCN1842

懇親会では熊本から来た23名で記念撮影

初日の発表者は10名、時間の遅れもなく予定通り終了しました。心配された雨も降らず、みなさん徒歩で近くのホテル日航高知旭ロイヤルへ。19時半からは懇親会が始まりました。ここでも僕はカメラ片手に熊本組を中心に撮影したりこれまでの合同例会でお世話になった仙台、福岡、新潟のみなさんと旧交を温めたり、賛助会員企業の方と挨拶したり。今回のアトラクションはなんと早のみ競争。心配された救急搬送事案もなく、みなさん大盛り上がりでした。最後は各支部からの挨拶と次回例会(北陸)の案内。熊本の会長からは震災支援へのお礼が述べられました。

二次会は熊本組で

二次会は熊本組で

懇親会が終わったのはたしか21時半過ぎ。そこからは二次会へと流れるわけですが、熊本からの参加者+京都の顧問で歩いてしばらくの居酒屋「のんき亭」の2階へ。ここは地元歯科ディーラーのマルミさんに無理して取ってもらった居酒屋なのですが、懇親会では喋ってばかりであまり食べてなかったのでみなさん土佐料理をばりばり食べてました。ということで初日は問題もなく大成功。みなさんのおかげです。


2016年7月17日日日曜日、合同例会無事に終わって熊本に戻る

合同例会表彰式

合同例会表彰式

さて二日目の朝も6時半に朝食を。熊本からの代表者は今日の発表予定なので何やら早起きして朝からミーティングしてました。でも若手のみなさん昨晩は遅くまで飲んでたのか早朝のレストランには比較的年齢の高い会員の顔ばかり(失礼)。気がつけば僕だってもう年配組の一人なのかもしれません。とにかく若い歯医者さんたちが多いSJCD合同例会なのでした。部屋に戻って荷物を片付け、昨日送られてきたダンボールにこれまでの衣類を詰めて送り返すことに。JRで帰るので荷物は少ないに限ります。

8時過ぎ、会場のかるぽーとに入ると四国支部の皆さんはもう集まっていました。簡単な朝礼のあと持ち場に戻り、9時半から二日目の発表再開。今日もスムーズな進行でした。4番目はいよいよ熊本組の発表になり僕もたくさん写真を撮ったり。二階席からめいっぱいズームするとどうしてもぶれるのですがシャッタースピード優先にしてカメラをどこかに固定し、息を止めて撮影すればコンデジでもどうにか見られるショットになってきました。

採点集計

採点集計

すべての発表が終わった12時、ここからが僕の仕事です。26名の採点表を集めて控室に運び、点数合計のミスや採点モレがないかを数名でチェックした後、大会長が点数を読み上げそれを僕がMacBook Airで集計するという作業です。以前はExcelを使っていましたが今回からはGoogleスプレッドシートにしました。その方がより簡単で入力もしやすいと判断したからです。平均点の計算と順位算定についてはすべて計算式で自動化してます。それらはグラフ化され、順位が確定すると山﨑会長と地元大会長以外には退室してもらい、ボスに順位を確認してもらう、という作業です。これを40分間で仕上げるのが2年に一度の(僕にとっての)ハイライトなのでした。

ランチタイムが終わり、会場には参加者が戻ってきていました。まず韓国SKCDのみなさんから託された熊本地震への義援金を熊本支部の代表者に引き渡すというサプライズが。感激しました。続いて四国支部によるこれまでの合同例会の歩み、受賞者の紹介プレゼン。そしていよいよ山﨑会長が登場しての表彰式に。今回は1位と2位とを東京支部が、3位が福岡支部が獲得しました。今後の学会化を控え、合同例会という名称を用いるのは今回が最後になるらしいのですが、まさに記念すべき大会を無事終えることができました。

瀬戸大橋を渡る

瀬戸大橋を渡る

後片付けがだいたい終わり、あちこちで繰り返される記念撮影も収まって会場は次第に静かになっていきます。お世話になった皆さんに挨拶して京都の顧問と日航ホテルに戻った僕は最高に美味しいビールを立て続けに2杯飲み干し、1時間ばかりゆっくりすることができたのでした。タクシーに乗せてもらって高知駅、家族にいくらかのお土産を買ってそこから南風号で岡山駅、新幹線で熊本駅、豊肥本線で水前寺駅と5時間以上の長旅でしたが、ビール飲みながらお弁当食べたり、読書したり、写真整理したりしてたらあっという間でした。バスで家に戻るとお土産の日本酒と酒盗で小さく乾杯。気がつけば疲れて寝ていました。


<今週読んだ本>

    • 日本会議に関する新書はこれが2冊目だけどだからこそ重層的な理解が得られた気がする。100年前の国家宗教がまだ生き残っているとみるのか、戦後リベラル化した社会への反動とみるべきか。でも読んでいるうちに何だか地方都市のオヤジ達が集まっては薄っぺらな正義感を披露してそうだそうだと盛り上がるある種の反知性主義の快楽みたいなのがベースにあって、そこに大日本帝国への懐古と宗教心を色づけしていった息の長いムーブメントのような気がした。だからこそヤバいって気もするけど。この運動が本当に大きくなったらきっと日本のトランプみたいな人が出てくるのだろう。
    • 僕の属する業界で、各企業の経営者の集まりに呼ばれた講師が動物占いといういかにもいかがわしい疑似科学商売の男だったという僕にとってはちょっとショックな出来事もあり、そういえば新聞を開けばサプリメントの広告ばかり、テレビをつければ芸能人が水素水の効能を語っている世の中になってました。SNSにはデマや流言が蔓延り良い年をした大人が真剣に陰謀論を語るのが21世紀だったなんて70年代のSF少年が見たらひっくり返るだろうななんて思いながら読みました。
    • 家族3人で2万円後半の通信費を毎月払っているのはどうなんだ?とふと疑問に感じて浜松町の本屋さんで買ってみた。あまり音声電話をしない僕らならどうやら1/3くらいにまで圧縮できそうだ。しばらく勉強してトライしてみようかなと。

 

The following two tabs change content below.
Takaaki Awazu
有限会社アワデント代表です。1965年2月福岡県生まれ。熊本県八代市の高校卒業後、京都市の立命館大学経済学部(ほとんど軽音学部でした)を卒業後、京都・大阪にて歯科器材メーカー卸に3年ほど勤務、1990年11月より八代市に帰って歯科器材ディーラー業務・経営に携わり、2001年12月にアワデントを起業しました。主な仕事はODMLの企画運営と各種歯科学術研修会の支援などです。
Takaaki Awazu

最新記事 by Takaaki Awazu (全て見る)